いく子よ。

おまえは自分の幼児の頃を知らないだろう。

幼児のときが、お前の生まれ持ったものが一番よく現れている時だ。

だから、お前の幼児の生活をわたしは育児日記を書いて贈る。

どうか、自分を見つめて人生の方向を定めて、ぐんぐんと歩いてくれ。

祖父より

神奈川県 いく子 女性 50歳 『祖父からのメッセージ』